2007年05月08日

グッチ(GUCCI)について!

グッチ(GUCCI)はイタリアのファッションブランドです。
私も、靴・指輪・時計・ベルト・バングルなど色々持っています。最近は、財布とバックを狙っています。

グッチ(GUCCI)を調べてみました。
グッチ・グループは、フランスを本拠地とする流通会社の傘下である。グッチ・グループには、グッチ以外にも、イヴ・サンローラン、セルジオ・ロッシ、ブシュロン、バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタなどのブランドがあるらしい。
流石!世界のグッチ(GUCCI)ですね!

グッチの歴史!
1881年にグッチオ・グッチが生まれる。ガブリエロ・グッチは製造を行う「ガブリエロ」という零細帽子製造会社の社長であったが、会社経営にはあまり熱心ではなく、主に共同経営者のサンティーノに任せていた。

グッチオはイギリス・ロンドンで一旗揚げようと決心していた。 グッチオは最高級ホテルの「サボイ・ホテル」に職を得る。
低賃金ではあったが、王侯貴族御用達ホテルであったのでチップには不自由しなかった。

グッチオがフィレンツェに帰るのは1901年事でした。
今まで学んだ事を活かし商店で働きました。
しかし、第1次世界大戦の始まりとともに徴兵されてしまう。
大戦後グッチオは故郷に戻り、フランツィで皮革の扱い方を学ぶ。

22年に自分の店を開く。
翌年に「 G U C C I 」の店がオープン!!
最初の頃は主に鞄の修理でした。
鞄の修理によって壊れやすい箇所やそこをどう作れば良いかなどの旅行鞄の作り方を研究することができ、丈夫な鞄を作る術を学ぶ事ができた。

しかし、また戦争が始まってしまい、グッチがアメリカとニューヨークに支店を出したのは1953年になってからです。
父グッチオの反対を押し切って息子のアルド・グッチが開きました。

posted by とし at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。